February 20, 2018 / 11:16 PM / 6 months ago

支持線キープを見極め


*08:10JST 支持線キープを見極め
[本日の想定レンジ]
 20日のNY市場は下落。小売大手のウォルマート(WMT)の決算内容が嫌気され、売りが先行。前週の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がったほか、為替相場でのドル高進行、長期金利の上昇も嫌気され、軟調推移となった。ダウ平均は254.63ドル安の24964.75、ナスダックは5.16ポイント安の7234.31。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の21855円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行しようが、昨日の段階でNYダウ先物が弱含みとなっていたため、想定内といったところであろう。そのため、売り一巡後は底堅さが意識される可能性が高そうだ。また、昨日は反落となったが、直近3日間で1000円弱上昇していた反動といったところ。その為、22000円はキープできなかったが、前日に突破していた5日線のほか、ボリンジャーバンドでは-1σ、一目均衡表では転換線をそれぞれキープしている。
 26週線は若干割り込んでいるが、同線が支持線に変わる可能性はまだありそうな位置である。まずは前日に突破した抵抗線が支持線に変わっている状況であり、キープできるかが引き続き注目されるところ。値固めから、2月6日の下落局面で空けたマド(22277-22659円処)を埋めに行く動きをみせてくるかを見極めることになる。21680-22080円のレンジを想定。


[予想レンジ]

上限 22080円−下限 21680円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below