March 4, 2018 / 11:18 PM / 3 months ago

ダブルボトムは期待しづらい


*08:12JST ダブルボトムは期待しづらい
[本日の想定レンジ]
 2日のNY市場はまちまち。NYダウは続落となるものの、ナスダックについては大きくリバウンドをみせており、25日線を回復してきている。米半導体株は引けにかけて切り返していたこともあり、連動性の高さから週初はリバウンドも意識されそうである。ただし、ダブル・ボトム形成への期待や200日線、52週線でのボトム形成が意識されるだろうが、いったん25日線までのリバウンドをみせていたこともあり、そこから急速な下げによって需給懸念が重しになる。
 ボリンジャーバンドでは-1σを下回って始まり、-2σとのレンジにあっさり移行している。-2σはいったん上向きに推移していたが再び下向きとなり、20600円処に位置する。週足では-1σを捉えており、これを割り込んでくると-2σ位置する20000円が射程に入る。市場はボトム形成よりも、20000円割れを意識し出すだろう。週足の一目均衡表では再び基準線を下回り、雲上限レベルである20000円処を意識。遅行スパンは上方シグナルを続けているが、実線が上向きに転じてくるところであり、明確なリバウンドをみせられないと、週毎に下方シグナル発生への可能性が高まってくる。20900-21150円のレンジを想定する。


[予想レンジ]

上限 21150円−下限 20900円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below