March 6, 2018 / 11:26 PM / 5 months ago

ギャップ・アップで5日線を超えられるかが注目


*08:24JST ギャップ・アップで5日線を超えられるかが注目
[本日の想定レンジ]
 6日のNY市場は上昇。トランプ大統領が鉄鋼・アルミニウムへの関税導入を強行した場合、コーン国家経済会議委員長が辞任するとの思惑が報じられ下落に転じる場面もみられたが、その後はハイテク主導で切り返している。ダウ平均は9.36ドル高の24884.12、ナスダックは41.30ポイント高の7372.01。シカゴ日経225先物清算値は大阪比185円高の21635円。
 コーン委員長が辞任する意向と各メディアが伝えており、円相場は1ドル105円台半ばへと円高に振れて推移している。シカゴ先物にサヤ寄せすることなく、やや弱含みの展開になる可能性がありそうだ。昨日はマドを空けての上昇から、5日線を捉えている。その後は同線での攻防から上げ幅を縮めているが、2日の急落局面で空けたマド(21366-21645円)下限辺りでの攻防といった形だった。一目均衡表ではマドの中での推移となり、目先的には転換線が抵抗として意識されやすいだろう。ボリンジャーバンドでは-1σを上回ってきており、これをキープできればマド埋めから中心値(25日)を試すリバウンドが意識されてくる。ただし、バンドは下向きに推移しているため、早期にリバウンドを強めてくる必要がある。また、5日線に上値を抑えられる状態が続くと上値切り下げのトレンド形成となり、直近安値でのダブル・ボトムや200日線をサポートとしたボトム形成が危うくなる。まずはギャップ・アップで5日線を超えられるかが注目である。基本はマドの中での推移とみるが、抵抗が強まる可能性もあり、21200-21600円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 21600円−下限 21200円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below