March 14, 2018 / 11:47 PM / 3 months ago

底堅さ意識も最低条件で25日線を上回っておく必要


*08:43JST 底堅さ意識も最低条件で25日線を上回っておく必要
[本日の想定レンジ]
 14日のNY市場は下落。インフレ上昇懸念が後退し買いが先行したが、米中貿易摩擦への懸念から下げに転じている。ダウ平均は248.91ドル安の24758.12、ナスダックは14.20ポイント安の7496.81。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の21555円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行しよう。円相場が1ドル106円20銭台と円高に振れて推移していることも重石になりそうだ。一方で、米ハイテク株の底堅さが意識されており、売り一巡後の下値の堅さを見極めたいところであろう。昨日は5日線と25日線との短期ゴールデンクロス示現。売り優勢の展開だったが、5日、25日線を支持線に底堅さは意識されていた。
 今後は5日線の上昇に沿ったリバウンドをみせられるかが注目されよう。一目均衡表では僅かではあるが基準線を上回っている。基準線は下向きに推移しており、ここから上放れをみせたいところである。また、遅行スパンは2月6日の急落局面にきているため、現在の株価水準をキープできると、週末、若しくは週明けにも上方シグナルを発生させてくる可能性はある。
 パラボリックではSAR値が22045円まで下がってきており、陽転シグナル発生へのハードルは切り下がっている。また、1日の下落局面で空けたマド(21900-22068円処)埋めも意識されやすく、次第にシグナルは好転してきそうだ。ただし、あくまでも最低条件で25日線を上回っておく必要がある。21550-21750円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 21750円−下限 21550円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below