March 26, 2018 / 11:20 PM / 4 months ago

21000円を目前に強弱感が対立


*08:19JST 21000円を目前に強弱感が対立
[本日の想定レンジ]
 26日のNY市場は上昇。貿易戦争の回避に向けて米中高官が交渉を開始し、貿易摩擦への警戒感が緩和したことで、先週の株価下落を受けた買い戻しの動きが強まった。ダウ平均は669.40ドル高の24202.60、ナスダックは227.88ポイント高の7220.54。シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円高の20680円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好からギャップ・アップからのスタートになろう。その後は節目の21000円を目前に強弱感が対立する格好になりそうだ。昨日の日経平均は売り先行から一時20400円を下回る場面もみられたが、その後は切り返しをみせており、20700円を回復。先週末の大陰線でボリンジャーバンドの-2σを大きく下回っていたこともあり、自律反発の流れといったところであろう。21000円や200日線、52週線を下回っている状態であり、底入れ感は強まっていない。週足のボリンジャーバンドでは-2σを上回っており、バンドが拡大をみせる前に、早い段階で52週線は回復しておきたいところ。また、週足の一目均衡表では雲を上回っての推移が続いているが、遅行スパンは実線に近づいてきている。今週は実線が20690円処に位置しているが、来週には21155円に切り上がってくる。これに沿ったリバウンドをみせてこないと、下方シグナルとなる。20700-21000円のレンジを想定。


[予想レンジ]

上限 21000円−下限 20700円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below