April 4, 2018 / 11:35 PM / in 5 months

過剰反応後は25日線の支持線転換を見極め


*08:31JST 過剰反応後は25日線の支持線転換を見極め
[本日の想定レンジ]
 4日のNY市場は上昇。米中貿易摩擦への警戒からNYダウは一時500ドル安となったが、関税発動のタイミングや、交渉余地が残るとの見方から引けに掛けて切り返すなど、値動きの荒い展開となった。ダウ平均は230.94ドル高の24264.30、ナスダックは100.83ポイント高の7042.11。シカゴ日経225先物清算値は大阪比210円高の21550円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、先物主導でのギャップ・アップからのスタートとなろう。また、NYの引け味の良さから過剰な反応をみせてくる可能性もありそうだ。これにより足元で上値を抑えられている25日を捉えてくる格好となり、センチメントの改善が期待されるところである。昨日は買い先行後は戻り待ちの売りに押される格好となったが、5日線処での踏ん張りをみせている。買い先行で始まり、200日線を突破したが、25日線に上値を抑えられるなか、一時5日線も割り込む場面がみられた。ただその後は5日線と25日線を挟んでのもち合いが続いており、結局は200日線を挟んでのこう着となった。
 一目均衡表では転換線での攻防であり、一先ず横ばい推移のため、このまま落ち着きをみせられれば、来週には遅行スパンの上方シグナル発生の確率が高まる。ボリンジャーバンドではバンドが収れんするなかで、中心値(25日)と-1σとのレンジ内での推移が継続。調整トレンドではあるが、次第に煮詰まり感が台頭してくるところであり、引き続き踏ん張り処である。25日線を支持線に変えてくるかを見極めたい。21350-21550円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 21550円−下限 21350円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below