May 23, 2018 / 11:20 PM / 7 months ago

レンジ下限を探る展開のなかで25日線を意識


*08:18JST レンジ下限を探る展開のなかで25日線を意識
[本日の想定レンジ]

23日は、NYダウが52.40ドル高の24886.81、ナスダック総合指数が47.50pt高の7425.96といずれも反発。一方、為替は一時1ドル109円台後半の円高に動き、シカゴ日経225先物は大証比100円安の22620円と下げた。23日は日経平均の5日線が下降に転じ、株価は5日線を下回って引けている。24日も売り優勢の地合いが予想され、当面のレンジの下限を探る展開になりそうだ。下値メドとして、シカゴ225先物の22620円付近と、その下を走る25日線(23日終値22480円)が意識されよう。22500円どころは直近のもみ合い圏の中心でもあり、この水準を下回ると株価下落そのものが売り材料視される弱気相場へと雰囲気が変わっていく可能性が出てくることに留意したい。一目均衡表では、日々線が3月28日以来約2カ月ぶりに転換線を下回り、調整局面入りが示唆されている。基準線と転換線が上向きのため、押し目買いが入りやすいとみられるが、場中の円高進行などで一段安に進展するリスクは残る。ボリンジャーバンドでは、日経平均は+レンジ下限の+1σを割り込み、中心線に近い水準で引けており、本日終値が中心線を下回れば、今後の調整長期化が予想されよう。

[予想レンジ]

上限 22700円−下限 22450円
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below