May 31, 2018 / 11:22 PM / 5 months ago

短期的な下押し圧力強く、再び22000円割れも


*08:16JST 短期的な下押し圧力強く、再び22000円割れも
[本日の想定レンジ]

5月31日は米NYダウが251.94ドル安の24415.84、ナスダック総合指数が20.34pt安の7442.12、シカゴ日経225先物は大阪比90円安の22100円と下落。5月31日の東京市場は欧米株高を好感して反発したが、上値は重く、ザラ場高値は下降中の5日線に届かなかった。このため、短期的な下押し圧力が強いとみられる。本日は朝方に米株安を織り込んで下げた後も押し目買いの勢いは鈍く、日経平均は再び13週線付近に相当する22000円を割る場面がありそうだ。一目均衡表では、転換線と基準線が一致して横ばいとなっており、転換線が基準線とデッドクロスを形成する可能性がある。遅行線は株価とほぼ同水準にあって強気シグナルは消えており、取引時間中の円高進行など悪材料が出た場合、大幅安に進展しかねない。ボリンジャーバンドでは-2σが下値支持線として意識されるが、中心線とマイナス側のバンド自体が下向きのため、底値からの戻りは鈍いだろう。

[予想レンジ]上限 22200円−下限 21950円
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below