May 12, 2019 / 11:07 PM / 13 days ago

短期的な突っ込み警戒感を示唆


*08:02JST 短期的な突っ込み警戒感を示唆
[本日の想定レンジ]

先週末10日は米NYダウが114.01ドル高の25942.37、ナスダック総合指数が6.35pt高の7916.94、シカゴ日経225先物が大阪日中比180円高の21490円。本日の日経平均は堅調が予想される。10日の日経平均は5日続落したが、ローソク足は長めの下ヒゲを形成して短期的な突っ込み警戒感を示唆。本日は5月7日安値21875.11円と8日高値21639.12円で形成するマドを一部埋める展開が予想される。ただ、10日には下降する5日線が25日線を割り込む短期デッドクロスを示現しているため、上値での売り圧力は強いとみられ、株価上昇の継続性については慎重に見ておきたいところだ。一目均衡表では、転換線が下降を続けているが、基準線は横ばいで推移し、遅行線は株価上の位置をキープして強気シグナル発生を継続している。本日は日々線が雲上限を再び超過するとみられ、終値で基準線(10日は21668.55円)を上回れば今後の地合い改善が加速しそうだ。ボリンジャーバンドでは先週末の一時-2σ割れで短期的な底を形成した可能性があり、本日は-1σを上回って中心側へのシフトが期待される。

[予想レンジ]

上限21700円−下限21200円


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below