Reuters logo
日経平均は反落でスタート、週末の会合控え下値は堅い
2017年8月24日 / 00:58 / 3ヶ月後

日経平均は反落でスタート、週末の会合控え下値は堅い


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19366.36;-68.28TOPIX;1595.89;-4.16

[寄り付き概況]

 24日の日経平均は反落でスタートした。前日の米国市場では、トランプ大統領がメキシコ国境の壁建設に関する予算確保ができなければ、政府機関の閉鎖も辞さないと言及したことや、北米自由貿易協定(NAFTA)破棄の可能性を示唆したことが嫌気され、終日軟調推移となった。これを受けて、シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の19345円となり、本日の日経平均は売り先行であった。為替相場が1ドル109円台と朝方よりやや円安方向に振れており、日経平均は寄付直後に下げ幅を縮小している。週末に開催される金融・経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)への思惑から、下値の堅さが意識される。

 セクターでは、トヨタ自7203の自動車用鋼材値下げ見通しを受けた鉄鋼のほか、証券・商品先物取引業、陸運業、倉庫・運輸関連業、保険業などが下落。売買代金上位では、任天堂7974、ソフトバンクG9984、キーエンス6861、新日鐵住金5401、JFE5411、電通4324、ペッパー3053、神戸鋼5406が下落。一方で、三井住友8316、みずほ8411、三井不動産8801、住友鉱5713、セガサミーHD6460、三井金5706、グリー3632が堅調。

(アナリスト 雲宮祥士)
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below