Reuters logo
日経平均は続落でスタート、北朝鮮情勢への反応は限定的
2017年9月15日 / 00:52 / 2ヶ月後

日経平均は続落でスタート、北朝鮮情勢への反応は限定的


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19793.80;-13.64TOPIX;1629.12;-3.01

[寄り付き概況]

 15日の日経平均は続落でスタートした。前日の米国市場では、8月消費者物価指数や週間新規失業保険申請件数など堅調な経済指標が確認され、年内の追加利上げ観測が高まり、売りが先行した。ダウは最高値を更新したものの、北朝鮮のミサイル発射の兆候が浮上し、地政学リスクへの警戒感から上値の重い展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の19735円となり、為替相場は1ドル110円台に戻してきている。朝方に北朝鮮によるミサイル発射が伝わっており、円相場が一時1ドル=109円台に上昇するなど市場にも懸念が広がったが、直後に円相場は1ドル=110円台へと値を戻した。北朝鮮情勢への反応は限定的となっており、本日の東京市場は売り先行後にプラスに転換している。

 セクターでは、海運業、鉱業、ガラス土石製品、医薬品などが上昇。売買代金上位では、任天堂7974、トヨタ自7203、東京エレクトロン8035、アステラス製薬4503、石川製作所6208、ファナック6954、ダイキン工業6367、塩野義薬4507、キヤノン7751が上昇。一方で、キーエンス6861、三井住友8316、ソフトバンクG9984、KDDI9433、SUBARU7270は下落。

(アナリスト 雲宮祥士)
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below