May 14, 2018 / 1:04 AM / 12 days ago

日経平均は53円安でスタート、オリンパスや京セラが売られる


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22705.30;-53.18TOPIX;1792.95;-2.01


[寄り付き概況]

 14日の日経平均は前週末比53.18円安の22705.30円と小反落して始まった後、小幅高に転じている。先週末11日のシカゴ日経平均は大証先物終値比25円安の22705円で引けており、概ねその水準で底堅いスタートとなった。11日の米株式市場ではダウ30種平均が医薬品業界を中心とした規制緩和への期待で7営業日続伸となったが、全11業種のうち下落が6業種と上昇した5業種を上回っており、基本的には連騰後の値固めの動きに入ったようだ。そうした中、先週末の11日にやや大きく上昇した反動もあって、利益確定売りがやや先行した。しかし、11日に決算発表のピークを迎え、今週前半の14-15日もまだ高水準の決算発表が続く予定であるため、良好な決算を発表した銘柄や利益成長を期待できる銘柄を中心に買いが入り、日本株市場は上値余地を試す動きに戻っている。米長期金利の軟化を受けて為替市場ではドル高円安の動きが止まっているが、それでも109円30銭処にあり、一時に比べれば、円安気味の水準をキープしている。    セクターでは倉庫運輸、非鉄金属、海運が堅調な一方、精密機器、輸送用機器、石油石炭が軟調な状況にある。指数インパクトの大きいところでは、資生堂4911、ファナック6954、三井不動産8801が牽引役の一方、日産化学4021、オリンパス7733、京セラ6971が重石となっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below