May 16, 2018 / 12:53 AM / 4 months ago

日経平均は87円安でスタート、ソフトバンクGや京セラが売られる


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22730.12;-87.90TOPIX;1799.15;-6.00


[寄り付き概況]

 16日の日経平均は前日比87.90円安の22730.12円と続落して始まった。15日のシカゴ日経平均は大証比75円安の22745円で引けており、概ねその水準でのスタートとなった。15日の米国では3-4月の小売売上高統計で寒波の影響から下振れた消費が春から順調に立ち直っていることが確認されたため、米国経済の成長ペース加速と利上げペースの段階的な加速の観測が台頭し、米長期金利が一時3.09%と6年10カ月ぶりの水準に上昇した。14日までの連騰の反動と米長期金利上昇への警戒感から、15日の米株式市場はやや大きく反落した。ただ、米長期金利が3%台に乗せてさらに上昇する可能性を示し始めたことで為替は1ドル=110円20銭処と110円台を回復している。日本株市場では米国の長期金利上昇と株安に対する警戒感が根強いが、為替市場で見え始めたドル高円安トレンド入りの兆しが投資家マインドを下支えしているといえそうだ。

 セクターでは鉱業、非鉄、銀行が軟調な一方、保険、不動産、鉄鋼が堅調な状況にある。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテイリング9983、ソフトバンクG9984、京セラ6971が重石の一方、洋缶HD5901、エーザイ4523、リクルートHD6098が牽引役となっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below