June 6, 2018 / 12:53 AM / in 12 days

日経平均は19円安でスタート、ファナックやユニファミマが売られる


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22520.31;-19.23TOPIX;1774.89;-0.07


[寄り付き概況]  6日の日経平均は前日比19.23円安の22520.31円と小幅ながら3日ぶりに反落して始まった。5日のシカゴ日経平均先物は大証比5円安の22515円で引けており、その水準を若干上回っての底堅いスタートとなった。コンテ伊首相の所信表明演説を受けイタリアの財政支出拡大への警戒感がやや再燃し、安全資産とされるドイツ国債・米国債の利回りが低下したため、5日の米株式市場で金融株が売られた。強硬な保護貿易政策を推進する米国政府の姿勢にもまだ軟化の兆しが見えないため、貿易摩擦への警戒感がやや再燃し、資本財や生活必需品のグローバル企業も売られた。このため、相場の上値追いが一服し、5日のダウ30種平均とS&P500種株価指数はほぼ横ばいとなった。その一方、貿易摩擦の影響を受けにくいとみられているハイテク株や内需株の多い小型株は上値を追った。5日以降の為替は1ドル=109円台後半で上下する動きにあるが、今朝は109円80銭台半ばまで戻し、再び110円台復帰が視野に入りつつある。戻りの上値を追う支援材料に欠けてはいるが、為替がドル高円安気味に再び推移し始め、本日の日本株市場で相場の地合いを下支えしているようだ。

 前場の寄り付き状況をみると、セクターではその他製品、鉄鋼、医薬品が軟調な一方、鉱業、石油、非鉄が堅調な動きにある。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、ユニファミマ8028、ダイキン6367が重石の一方、ファーストリテイ9983、トヨタ自7203、KDDI9433が牽引役となっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below