June 7, 2018 / 12:47 AM / 4 months ago

日経平均は122円高でスタート、ファーストリテやTDKが牽引


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22748.72;+122.99TOPIX;1786.61;+9.02

[寄り付き概況]
 7日の日経平均は前日比122.99円高の22748.72円と4日続伸して始まった。6日のシカゴ日経平均先物は大証比110円高の22750円で引けており、概ねその水準での堅調なスタートとなった。欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事が14日の次回理事会で量的緩和の規模を徐々に縮小していくことが妥当か議論すると発言したことで、ECBが金融政策の正常化に向けた準備に入るという観測が急速に強まった。これによりドイツなど欧州主要国の国債利回りが上昇、米国債の利回り上昇にも波及した。相場の地合いが改善している米株式市場では長期金利の上昇を材料に金融株を買う動きが強まった。貿易摩擦を巡る過度の警戒感も和らいだことで資本財のグローバル企業にも買いが強まり、6日のダウ30種平均は力強い上昇となった。ハイテク株を買う動きも継続し、ナスダック総合指数は過去最高値の更新を続けた。為替市場では欧米の長期金利の上昇を受け、対ユーロ・対ドルで円が売られ、ドル円相場は1ドル=110円台に乗せて推移している。米株高と円安を好感し、本日の日本株市場で相場の地合いは良好となっているようだ。

 前場の寄り付き状況をみると、セクターでは銀行、非鉄、機械が堅調な一方、鉱業、石油、情報・通信が軟調な動きにある。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、TDK6762、ダイキン6367が牽引役の一方、アステラス薬4503、日本ハム2282、電通4324が重石となっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below