June 12, 2018 / 12:47 AM / 2 months ago

日経平均は173円高でスタート、ファーストリテやソフトバンクGが牽引


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22977.22;+173.18TOPIX;1798.98;+12.14


[寄り付き概況]    12日の日経平均は前日比173.18円高の22977.22円と続伸して始まった。11日のシカゴ日経平均先物は大証比130円高の22920円で引けており、その水準を上回っての堅調なスタートとなった。11日の米株式市場は4営業日続伸ということもあって小幅高にとどまった。しかし、先週末の主要7カ国首脳会議をかろうじて想定内の結果で通過できたという微妙な安堵が台頭していたところへ、イタリアのトリア経済・財政相が現地紙とのインタビューでイタリアのユーロ圏離脱を明確に否定したうえ、イタリア経済の健全化を第一の政策に据えると主張し、財政不安の払拭にも努めた。こうした要因で、11日の日本・アジア・欧州の株式市場は軒並み堅調な展開となり、為替市場でリスク選好が優勢となり始めた。11日の欧米時間帯にドル円相場は再び1ドル=110円台に戻し、日本時間の12日朝には110円40銭処でドル高円安気味の推移となっている。世界的な株高基調を背景としたリスク選好の台頭と為替のドル高円安基調を好感し、今朝の日本株市場で相場の地合いは堅調さを増しつつあると言えそうだ。

 前場の寄り付き状況をみると、セクターでは石油、ゴム製品、陸運が堅調な一方、電気・ガス、その他金融の2セクターのみが弱含みの動きにある。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984、ファナック6954が牽引役の一方、アドバンテスト6857、日揮1963、東海カ5301が重石となっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below