July 5, 2018 / 1:00 AM / 4 months ago

日経平均は19円安でスタート、マネックスGや三菱UFJが売られる


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21697.44;-19.60TOPIX;1690.12;-3.13

[寄り付き概況]    5日の日経平均は前日比19.60円安の21697.44円と続落してスタート。4日の米国市場では独立記念日の祝日で休場だったことから海外勢のフローは限られているうえ、雇用統計の前哨戦となる米ADP雇用報告の発表を控えており、様子見ムードに繋がっている。さらに、米中両国が高関税措置に入る6日が近づき、一段と慎重姿勢になっていることがうかがえる。中国の裁判所が半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)の販売禁止を命じたことが明らかになり、4日の東京株式市場ではハイテク関連株を中心に売りが入っていたが、本日はSUMCO3436や東京エレクトロン8035などのハイテク関連株の一角に自律反発の動きがみられている。足元で円相場は1ドル=110円50銭台と、前日比やや円安方向に振れており、日経平均は直後プラスに転換した。小幅高にとどまっており上値は重い。

 セクターでは、石油・石炭製品、銀行業、非鉄金属などが軟調。売買代金上位では、マネックスG8698、三菱UFJ8306、資生堂4911などが売られている。一方で、信越化4063、KDDI9433、スタートトゥデイ3092などが買われている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below