August 29, 2019 / 12:58 AM / in 19 days

日経平均は小幅続伸でスタートも直後にマイナス転換、リクルートHDやホンダが軟調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20500.50;+21.08TOPIX;1492.09;+1.74

[寄り付き概況]

 29日の日経平均は前日21.08円高の20500.50円と小幅続伸で取引を開始した。28日の米国株式市場では、米中貿易摩擦を巡る新たな悪材料が発生せず、米10年物国債と2年債の利回りが逆転する逆イールドの度合いもやや和らいだことから、主要3指数は揃って反発。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円高の20515円となり、円相場は1ドル106円台を回復。日経平均は米株高や円安の流れを受けて3日続伸して始まったが、先物が小幅な上昇に留まったことから、直後にマイナスに転じている。週末にかけて米中欧における経済指標発表が集中するなか、新規の材料難ということもあり、節目の20500円処では上値の重さが意識されているようだ。

 業種別では、石油、鉱業、ガラス、鉄鋼、金融、パルプ、医薬、機械などがプラスで推移。一方、サービス、ゴム製品、陸運、空運、小売りなどはマイナスで推移している。売買代金上位では、トヨタ自動車7203との資本提携を発表したスズキ7269や国内証券による格上げ観測のあったSUMCO3436が堅調な出足となったほか、武田薬4502、楽天4755、ソニー6758などがプラスで推移。一方、複数株主による株式の売り出し発表があったリクルートHD6098が大きく下げており、その他ではKLab3656、神戸物産3038、東エレク8035、ホンダ7267などが軟調。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below