September 17, 2019 / 12:49 AM / 3 months ago

日経平均は40円安でスタート、ソフトバンクGやANAが軟調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21947.59;-40.70TOPIX;1605.64;-4.23


[寄り付き概況]

 17日の日経平均は前日比40.70円安の21947.59円と10営業日ぶりに反落して始まった。16日の米国株式市場では、サウジアラビアの石油施設が攻撃を受け、中東情勢を巡る地政学リスクへの懸念の高まりに加え、原油相場急騰に伴う世界経済の先行き不透明感などを背景に主要3指数は揃って下落。これにより、シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の21745円となったが、円相場は1ドル108円10銭台と前週末から円安基調を維持している。これらを背景に本日の東京市場では、地政学リスクの高まりや16日発表の中国景気指標を嫌気する動きが朝方から先行した。しかし、今晩から開始される米連邦準備制度理事会(FOMC)を前にした投資家の様子見姿勢は強く、日経平均は売り一巡後に下げ渋る動きとなっている。

 セクターでは、原油価格急騰に伴うコスト増への懸念から海運業、空運業、ゴム製品などが軟調であった。売買代金上位では、米ウィーワーク運営会社の新規上場延期が伝わったソフトバンクG9984に売りが先行しているほか、トヨタ自動車7203、任天堂7974、リクルートホールディングス6098、日本航空9201、ANA9202、KDDI9433、JT2914、JR東9020が軟調な出足。一方で、米長期金利の上昇基調継続を受けた三菱UFJ8306や5G基地局整備計画の前倒しが伝わったソフトバンク9434のほか、ソニー6758、日本電産6594は堅調スタートであった。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below