December 18, 2019 / 1:07 AM / 8 months ago

日経平均は42円安でスタート、ソニーや任天堂が軟調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;24023.27;-42.85TOPIX;1745.69;-1.51

[寄り付き概況]

 18日の日経平均は前日比42.85円安の24023.27円と反落で取引を開始した。17日の米国株式相場は上昇。11月住宅着工・建設許可件数や鉱工業生産が予想を上振れたほか、米中合意による投資家心理の改善で堅調推移となったが、英首相が欧州連合(EU)離脱について通商協議の動向に関わらず2020年末までに完了する方針を示し、今後の混乱を予想する見方から上値は限られた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円安の24000円。円相場は1ドル109円50銭台で推移。先週からの上昇ピッチの速さに対する警戒感から利益確定売りが出ているようで、本日の日経平均は反落スタートとなった。ただ、経済指標の改善や米国株高、安定した円安基調を背景に、下値を拡げる展開とはなっていない。

 業種別では、海運業、その他製品、不動産業、鉄鋼、医薬品、パルプ・紙、水産・農林業、その他金融業、ガラス・土石製品などがマイナスで推移。一方、石油・石炭製品、情報・通信業、食料品、電気・ガス業などがプラスで推移している。売買代金上位では、第一三共4568、SUMCO3436、任天堂7974、ソニー6758などがマイナスで推移。一方、オリンパス7733、日立6501、KDDI9433、ZHD4689、ソフトバンクG9984などがプラスで推移している。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below