February 3, 2020 / 1:00 AM / 21 days ago

日経平均は330円安でスタート、東エレクや資生堂など全般軟調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22874.27;-330.91TOPIX;1660.66;-23.78

[寄り付き概況]

 2月3日の日経平均は前週末比330.91円安の22874.27円と大幅反落でスタート。31日の米国株式相場でダウ平均は603.41ドル安の28256.03、ナスダックは148.00ポイント安の9150.94で取引を終了した。コロナウイルスによる感染拡大に歯止めがかからず、欧州株が全面安となり、売りが先行。米国政府が中国への渡航回避を勧告し、中国経済鈍化への懸念から終日下落となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比420円安の22710円。この流れを引き継ぐ格好から、本日の日経平均はギャップダウンスタートに。中国人民銀行は公開市場操作で金融市場に約18兆7000億円を供給すると発表しているものの、IMF専務理事は新型コロナウイルスによる肺炎について「世界景気に短期的な減速をもたらす可能性がある」と表明するなど、引き続き懸念が強まる状況となっている。

 売買代金上位では、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、東エレク8035、アドバンテスト6857、資生堂4911、TDK6762、村田製作所6981など主力処は全般軟調。その他、日立6501がTOB(価格は1株8000円)を実施し、完全子会社化を目指すと発表した日立ハイテク8036などに関心。業種別では、不動産のみが小幅にプラス圏で推移する一方、海運、その他製品、鉄鋼などが下落率上位で推移。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below