February 10, 2020 / 12:44 AM / 8 days ago

日経平均は196円安でスタート、武田薬や日本製鉄などが軟調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23631.79;-196.19TOPIX;1717.67;-14.47

[寄り付き概況]

 10日の日経平均は前週末比196.19円安の23631.79円と続落でスタート。7日の米国株式相場でダウ平均は277.26ドル安の29102.51、ナスダックは51.64ポイント安の9520.51で取引を終了。1月雇用統計で非農業部門雇用者数が22万5千人増と予想を上振れ、平均時給の伸びも増加したが、中国ではコロナウイルスによる新型肺炎の死者が増加しており、中国経済の鈍化懸念で終日軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比165円安の23665円。先週の日経平均はリバウンドを強めたこともあり、戻り待ちの売りも警戒されやすい水準であるほか、11日は建国記念の日で休場となることもあり全体としては積極的な動きは見られない。また、延長された春節休みも終わり企業活動の停滞を見極めたいとのムードもあるようだ。

 売買代金上位では、ソフトバンクG9984が堅調な反面、ソニー6758、ソフトバンク9434、武田薬4502、村田製作所6981、太陽誘電6976、日本製鉄5401などは軟調。また、初値持越しとなっていたジモティー7082は公開価格の2.3倍となる2300円での初値形成。業種別では、鉄鋼、海運、非鉄金属、石油石炭などが下落率上位で推移。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below