March 9, 2020 / 12:47 AM / in 20 days

日経平均は406円安でスタート、ファーストリテやソフトバンクGなど主力処は全面安の展開に


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20343.31;-406.44TOPIX;1442.62;-28.84

[寄り付き概況]

 3月9日の日経平均は前週末比406.44円安の20343.31円と大幅続落でスタート。6日の米国株式相場でダウ平均は256.50ドル安の25864.78、ナスダックは162.98ポイント安の8575.62ポイントで取引を終了。世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、景気後退入りする確率が一段と高まったとの見方が広がり、終日軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比280円安の20430円。安いところでは20210円まで下げ幅を拡大させる局面も。本日の日経平均はこの流れを受けて、ギャップダウンスタートに。新型コロナウイルスを巡る状況に加えて、OPECプラス会合における協調減産交渉の決裂で原油の先安観が強まっていること、朝方には北朝鮮が飛翔体を発射したと伝わったことなども、投資家心理を悪化させる要因となっている。寄り付き後には下げ幅を拡大し、節目の2万円台を割り込んでいる。

 売買代金上位では、ソフトバンクG9984、ソニー6758、トヨタ自7203、みずほ8411、ファーストリテ9983、東エレク8035、オリックス8591、キヤノン7751、信越化4063など主力処は全面安の展開。業種別でも33業種が揃って下落しており、石油石炭、鉱業、銀行、電気機器などが下落率上位で推移。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below