July 6, 2020 / 12:46 AM / a month ago

日経平均は34円高でスタート、東エレクやアドバンテスが堅調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22341.27;+34.79TOPIX;1555.14;+2.81

[寄り付き概況]

 6日の日経平均は34.79円高の22341.27円と続伸して取引を開始した。先週末の米国株式市場は独立記念日の振り替え休日で休場。週末の欧州では英国やドイツの株式市場が軟調だった。米国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、警戒感が高まった。先週末の米国市場が休場で、今日の東京株式市場は寄り付き段階ではやや手掛かり材料不足。ただ、金融財政政策が相場を下支えするという見方や、景気回復への期待感は強く、東京株式市場はやや買いが先行した。東京では5日まで4日連続で100人を超える新型コロナウイルスの新規感染者が発生し、周辺の県にも波及しつつあり、感染拡大への懸念が大きくなっている。また、小池東京都知事が、都民に対し不要不急の都外への移動自粛を要請しており、経済活動への影響が出始める可能性もある。新型コロナウイルスの感染が広がりを見せる中、市場の警戒感は強いが、寄り付き段階では金融財政施策や景気への期待感が強かった。

 セクター別では、小売業、情報・通信業、ゴム製品、繊維製品、電気・ガス業などが上昇率上位、鉱業、不動産業、水産・農林業、鉄鋼、医薬品などが下落率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG9984、日立6501、東エレク8035、ガンホー3765、アドバンテスト6857、ヤマトHD9064などが上昇。他方、任天堂7974、中外薬4519、三井不8801などが下落している。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below