for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は89円高でスタート、ソフトバンクGや任天堂などが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;25439.35;+89.75TOPIX;1727.8;-1.27

[寄り付き概況]

 12日の日経平均は89.75円高の25439.35円と8日続伸して取引を開始した。前日11日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は23.29ドル安の29397.63ドル、ナスダックは232.57ポイント高の11786.43ポイントで取引を終了した。全米での新型コロナ感染者数が今月に入り急増を続けており、ニューヨーク州も外出禁止令を発令するなどワクチンや治療薬開発期待が相殺され、引けにかけて下落。ハイテク株は買い戻しが広がり、ナスダック総合指数は上昇した。

 米国株式相場を受けた今日の東京株式市場は買いが先行した。引き続き新型コロナワクチン・治療薬の開発進展が好感されたことに加え、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁が追加緩和に前向きな姿勢を示したことなどが東京市場の株価支援要因となり、また、一昨日まで2日間の下げがきつかったナスダックが昨日は反発したことも安心感となった。

 一方、欧米のみならず日本でも新型コロナ感染拡大に対する警戒感が高まっており、また、昨日までの7日続伸で日経平均が2300円を超す上げとなっていることから目先高値警戒感も指摘されたが、寄り付き段階では買いが優勢だった。

 なお、取引開始前に発表された9月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比4.4%減だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は0.9%減だった。また、同じく取引開始前に発表された対外及び対内証券売買契約などの状況(週間)によると、海外投資家は1-7日に国内株を2週ぶりに買い越した。買越額は4855億円だった。

 セクター別では、その他製品、情報・通信業、電気機器、精密機器、サービス業などが値上がり率上位、不動産業、保険業、空運業、倉庫運輸関連、陸運業などが値下がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG
9984、ファーストリテ9983、任天堂7974、ソニー6758、エムスリー2413、東エレク8035、アドバンテスト6857、KDDI9433、ファナック6954、NTT9432、楽天4755、ENEOS5020、クボタ6326、シマノ7309などが上昇。

 他方、トヨタ
7203、ホンダ7267、日本電産6594、三菱UFJ8306、JR東9020、オリックス8591、三菱商事8058、OLC4661、JAL9201、7&iHD3382、アイフル8515などが下落している。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up