for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は266円高でスタート、ファーストリテや東京エレクトロンなどが堅調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;25652.69;+266.82TOPIX;1717.44;+14.22


[寄り付き概況]

 16日の日経平均は前週末比266.82円高の25652.69円と反発でスタート。13日の米国株式相場でダウ平均は399.64ドル高の29479.81ドル、ナスダックは119.70ポイント高の11829.29ポイントで取引を終了。新型コロナウイルス感染の再拡大でもワクチンの実用化が鍵となり、来年の回復への期待が強まり寄り付きから上昇。

 10月生産者物価コア指数が予想以上に低下したほか、11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値も予想外に悪化しており連邦準備制度理事会(FRB)が当面、大規模緩和を継続するとの見方も買い材料となり、引けにかけては上げ幅を拡大した。

 シカゴ日経225先物清算値は大阪比280円高の25620円。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から本日の日経平均は買い先行で取引を開始。先週末に心理的な重石となっていた11月SQ値(25480.28円)を寄り付き段階で突破してきたことも、投資家のセンチメント改善に寄与するとの見方も市場では多い。なお、7-9月期国内総生産速報値は、前期比年率+21.4%で市場予想(同比+18.9%)を上回った。

 売買代金上位では、ファーストリテ
9983、東京エレクトロン8035、三井住友8316、三菱UFJ8306、パナソニック6752、ホンダ7267、日産自7201など主力処は概ね堅調。業種別では、海運、ゴム製品、鉄鋼、保険などが上昇率上位に。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up