for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は70円高でスタート、ソフトバンクGやソニーなどが堅調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26834.10;+70.71TOPIX;1798.16;+4.92

[寄り付き概況]

 21日の日経平均は前週末比70.71円高の26834.10円と反発でスタート。18日の米国市場でダウ平均は124.32ドル安の30179.05ドル、ナスダックは9.11ポイント安の12755.64ポイントで取引を終了。追加経済対策で連邦準備制度理事会(FRB)の緊急融資プログラムに絡んだ予算を巡り与野党の意見が食い違っているとの報道で成立に不透明感が再燃し寄り付き後、下落した。国家核安全保障局(NNSA)を含む複数の連邦政府機関が大規模サイバー攻撃を受けたことも警戒感に繋がった。なお、引けにかけてS&P500種指数のリバランスやクアドルプル・ウィッチングに絡んだ調整取引もあり下げ幅を縮小。

 シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の26705円。前週末の米株安自体は想定内の中、米国の追加経済対策案に関し、大筋合意に達し20日にも最終案が上下両院で採決される可能性との報道もあり、本日の日経平均はやや強含みの展開となっている。なお、今週もIPOラッシュが続く(12社予定)ため、資金回転の速さは意識しておく必要があるとの指摘が市場からは聞かれている。

 売買代金上位では、ソフトバンクG
9984、ソニー6758、三菱UFJ8306などメガバンク、ダイキン6367などが堅調。一方、エムスリー2413、SUMCO3436などが下落。業種別では、非鉄金属、銀行、ゴム製品、パルプ紙などが上昇率上位に。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up