for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は123円高でスタート、ソフトバンクGやファーストリテなどが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28320.72;+123.30TOPIX;1844.92;+6.07

[寄り付き概況]

 29日の日経平均は123.30円高の28320.72円と反発して取引を開始した。前日28日の米国株式相場は反発。ダウ平均は300.19ドル高の30603.36ドル、ナスダックは66.56ポイント高の13337.16ポイントで取引を終了した。一部投機の過熱を受け、証券取引委員会(SEC)が他の当局とともに進行中の市場動向を監視しているとの声明を出したほか、ペロシ下院議長が議会でも調査を進める方針を示したため、金融市場混乱への警戒感が後退し寄り付きから上昇した。投機色の後退で投資家の恐怖指数であるVIX指数も低下し、終日堅調に推移した。

 米国株高を受けた今日の東京株式市場は買いが先行した。新型コロナワクチンの普及や金融財政政策による経済活動本格化への期待感が引き続き株価支援要因となり、また、ピークを迎えつつある20年4-12月期決算発表を手掛かりとした物色意欲も旺盛。さらに、昨日の日経平均が400円を超す下げとなった後ということもあり、押し目買いも入りやすかった。一方、昨日の米国株式相場が取引終了にかけて伸び悩んでおり、月末・週末ということもあり、今晩の米国株式市場の動きを確認したいとする向きもあったが、寄り付き段階では買いが優勢だった。

 なお、今日は日本の重要経済統計の発表が集中する。取引開始前に発表された20年12月の完全失業率(季節調整値)は2.9%となり前月比横ばいだった。QUICKがまとめた市場予想の中央値は3.0%だった。また、20年12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.06倍で前月比横ばいだった。QUICKがまとめた市場予想の中央値は1.06倍だった。同じく取引開始前に発表された20年12月の鉱工業生産指数(季節調整済み)速報値は前月比1.6%低下だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は同1.5%低下だった。

 セクター別では、精密機器、不動産業、証券商品先物、電気機器、ガラス土石製品などが値上がり率上位、ゴム製品、空運業、電気・ガス業、輸送用機器、機械などが値下がり率上位に並んでいる。

 東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG
9984、ファーストリテ9983、ソニー6758、キーエンス6861、レーザーテック6920、村田製6981、ルネサス6723、エムスリー2413、OLC4661、楽天4755、ファナック6954などが上昇。他方、キヤノン7751、アンリツ6754、信越化4063、KDDI9433、日産自7201、ダイキン6367、パナソニック6752、マネックスG8698、伊藤忠8001、JAL9201、サイバーエージェント4751などが下落している。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up