for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は14円安でスタート、村田製やJCRファーマなどが軟調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27649.07;-14.32TOPIX;1806.63;-2.15

[寄り付き概況]

 2月1日の日経平均は前週末比14.32円安の27649.07円と小幅に3日続落でスタート。1月29日の米国市場でダウ平均は620.74ドル安の29982.62ドル、ナスダックは266.46ポイント安の13070.70ポイントで取引を終了。中国株式相場の下落や一部投機過熱を受けた金融システム安定リスクの上昇が警戒され、寄り付き後大きく下落した。証券取引委員会(SEC)が声明を発表、議会が公聴会を開催する計画を発表しても下げ止まらず、神経質な展開が続き、引けにかけては下げ幅を拡大した。

 シカゴ日経225先物清算値は大阪比210円高の27780円。市場想定とやや異なり、寄り付きは小安く始まったものの、結局はシカゴ先物にサヤ寄せする形から、即座にプラス転換し、上げ幅を拡大する展開に。ただし、引き続き米国市場が不安定な状態であることから、買い一巡後はこう着感が強まるとの見方が市場からは聞かれている。

 売買代金上位では、第3四半期決算を発表したエムスリー
2413の他、ソフトバンクG9984、東京エレクトロン8035、レーザーテック6920、キヤノン7751などが堅調な反面、村田製作所6981、JCRファーマ4552、富士通6702、東京電力HD9501、アンリツ6754などが軟調。業種別では、ガラス土石、非鉄金属、金属製品などが上昇率上位に。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up