for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は453円高でスタート、村田製作所やソフトバンクGなどが堅調


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29419.45;+453.44TOPIX;1888.61;+24.12

[寄り付き概況]

 3月1日の日経平均は前週末比453.44円高の29419.45円と大幅反発でスタート。2月26日の米国市場でダウ平均は469.64ドル安の30932.37ドル、ナスダックは72.91ポイント高の13192.34で取引を終了。長期金利上昇への警戒から、寄り付き後、下落した。

 月末でヘッジファンドなどが損失確定のための持ち高解消に動いたなどとの憶測も重しとなり、ダウは終日軟調。米国債相場が行き過ぎ感などから反発し、金利が低下に転じたため足元で大きく下げていたアップルやマイクロソフトなどを中心にハイテク株が買い戻され、ナスダック総合指数は概ねプラス圏で推移した。

 シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円高の29285円。引き続き米長期金利の動向が警戒視されているものの、先週末の日経平均が1200円を超える大幅下落となったこともあり、ひとまず自律反発が意識されやすい局面となっている。

 売買代金上位では、ソフトバンクG
9984、村田製作所6981、ソニー6758、日本電産6594の他、ダイキン6367、レーザーテック6920、エムスリー2413、ライオン4912、SUMCO3436など主力処は軒並み堅調。業種別では、情報通信、精密機器、電気機器などが上昇率上位に。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up