for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は19円安でスタート、野村や任天堂などが下落


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29365.04;-19.48TOPIX;1980.42;-12.92

[寄り付き概況]

 30日の日経平均は前日比19.48円安の29365.04円と小反落で取引を開始した。29日の米国株式市場では、投資会社の強制的なポジション解消取引関連の報道について米国内大手金融各社が同社は顧客ではない、あるいは、関連取引による影響は軽微であることを明らかにし警戒感が後退。

 また、今週に控えるバイデン大統領のインフラ計画の詳細発表やワクチン接種対象の更なる拡大の計画を受けて市場心理が改善した。これらを背景にNYダウは史上最高値を更新した一方、米長期金利が再び1.7%台まで上昇してきたことでナスダックなどハイテク株は軟調となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比250円高の29330円となり、円相場は1ドル109円80銭台での円安基調を継続。

 本日は配当・株主優待権利落ち日であり、配当落ち180円ほどの下落分の影響もあって日経平均は小反落スタートしたが、実質的にはプラス圏でのスタートになった。実際、即座に下げ幅を縮小しプラス圏に浮上する展開となっている。前日後場の失速要因となった投資会社を巡る混乱に対する警戒感が後退していることもセンチメントの改善に繋がっているようだ。

 業種別では、前日下落率の大きかった空運業や海運業などがプラスで推移している一方、保険業、銀行業、建設業、卸売業、その他金融業、証券・商品先物取引業などはマイナスで推移。売買代金上位では、東京エレクトロン
8035、ファーストリテ9983、キーエンス6861、マネックスG8698、日本郵船9101が堅調推移。

 一方、野村
8604、三菱UFJ8306、任天堂7974、トヨタ7203、三井住友8316、ソフトバンク9434、武田薬4502、三菱商事8058などが下落している。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up