for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は263円高でスタート、東エレクや日立などが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29441.91;+263.11TOPIX;1971.78;+17.78

[寄り付き概況]

 1日の日経平均は263.11円高の29441.91円と反発して取引を開始した。前日3月31日の米国株式市場はまちまち。ダウ平均は85.41ドル安の32981.55ドル、ナスダックは201.48ポイント高の13246.87で取引を終了した。バイデン大統領の発表を控え、大型インフラ計画が回復をさらに支援するとの期待に、寄り付き後、上昇。月末、四半期末で利益確定売りが目立ったほか、増税や債務拡大への懸念に上値が抑制され、引けにかけてダウは下落に転じた。ハイテクは売られ過ぎとの見方から買いが再燃。ナスダック総合指数は上昇した。

 米国株式相場を受けた今日の東京株式市場は買いが先行した。米国市場でナスダック総合株価指数が大幅に上昇したことが好感され、また、昨日の日経平均が250円を超す下げとなったことから押し目待ちの買いも入りやすかった。一方、菅首相がコロナ対策の「まん延防止等重点措置」を大阪府に適用する方針を表明するなど、コロナ感染「第4波」による経済への悪影響が懸念され、株価の重しとなった。また、新年度入りで国内機関投資家による期初の益出し売りが警戒されたが、寄り付き段階では買いが優勢だった。なお、取引開始前に発表された日銀短観(3月調査)で、大企業製造業の業況判断DIはプラス5と前回12月調査のマイナス10から改善した。QUICKがまとめた民間予測の中央値はゼロだった。6月までの先行きはプラス4(今回差マイナス1)となった。

 セクター別では、保険業、精密機器、海運業、その他製品、ゴム製品などが値上がり率上位、鉄鋼、空運業、その他金融業などが値下がりしている。東証1部の売買代金上位では、東エレク
8035、任天堂7974、日立6501、レーザーテック6920、アドバンテスト6857、ファナック6954、KDDI9433、サイバー4751、SUMCO3436、HOYA7741、ルネサス6723、レノバ9519などが上昇。他方、ソニー6758、トヨタ7203、ファーストリテ9983、三菱商事8058、デンソー6902、ニトリHD9843、日本製鉄5401などが下落している。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up