for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は129円安でスタート、ルネサスやホンダなどが下落


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29019.45;-129.96TOPIX;1940.13;-7.31


[寄り付き概況]

 31日の日経平均は前週末比129.96円安の29019.45円と反落でスタート。28日の米国市場でダウ平均は64.81ドル高の34,529.45ドル、ナスダックは12.46ポイント高の13748.74で取引を終了。景気回復への期待で寄り付き後、上昇。朝方発表された連邦準備理事会(FRB)が物価動向を測るうえで重視する4月の米個人消費支出物価指数のコアが前年比で3.1%の上昇と92年7月以来の伸びとなったが、FRBのインフレ高進は「一時的」とのスタンスに変化を与えることはないとみられ、長期金利への影響は限定的。ハイテク株にも買いが入った。引けにかけて上昇幅を縮小するも、ダウ・ナスダックともに上昇して取引を終えた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円安の29020円。シカゴ先物にサヤ寄せする形から本日の日経平均は利食いが先行する展開。先週末の大幅上昇に対する利益確定の他、31日の米国市場はメモリアルデーの祝日となることもあり、市場でも調整は想定線との見方が多い。なお、寄り前に発表された4月鉱工業生産指数速報値は、前月比+2.5%で市場予想の同+3.9%を下回った。

 売買代金上位では、レーザーテック
6920、アステラス薬4503、第一三共4568、すかいらーく3197などが上昇する反面、ルネサス6723、ホンダ7267、伊藤忠8001、マネックスG8698などが下落。業種別では、不動産、繊維製品、ゴム製品などが下落率上位に。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up