for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は79円高でスタート、任天堂やダイキンなどが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28677.95;+79.76TOPIX;1955.39;+6.40


[寄り付き概況]

 6日の日経平均は79.76円高の28677.95円と反発して取引を開始した。前日5日の米国株式市場は独立記念日の振替休日のため休場。欧州市場は、英FTSETM100指数が0.58%、独DAX30指数が0.08%、仏CAC40指数が0.22%、それぞれ上昇した。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場が休場で手掛かり材料に乏しい中、欧州株式市場で主要指数が堅調だった流れを引き継いだ。また、英国でイングランド地方の都市封鎖を予定通り19日に解除する方向だと発表され、ワクチン接種による世界経済の回復期待も継続し、東京市場の株価支援要因となった。一方、政府が新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」に関し、1都3県の11日の期限を延長する調整に入ったと伝えらえ、足元経済への悪影響が懸念され、株価の重しとなったが、寄り付き段階では買いが優勢だった。なお、取引開始前に発表された5月の家計調査は2人以上世帯の実質消費支出が前年同月比11.6%増加した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は同10.9%増加だった。

 セクター別では、鉱業、石油石炭製品、その他金融業、機械、鉄鋼などが値上がり率上位、金属製品、海運業、保険業、非鉄金属、化学などが値下がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG
9984、ソニーG6758、任天堂7974、レーザーテック6920、ダイキン6367、リクルートHD6098、日産自7201、三井物産8031、INPEX1605、オリックス8591、ZHD4689、レノバ9519などが上昇。他方、三菱電6503、マネックスG8698、東エレク8035、アドバンテスト6857、キーエンス6861、NEC6701、東京海上8766、富士通6702、信越化4063、九州電力9508などが下落している。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up