for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は69円安でスタート、ファナックやJR東海などが下落


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28539.32;-69.17TOPIX;1958.67;-4.49


[寄り付き概況]

 15日の日経平均は69.17円安の28539.32円と続落して取引を開始した。前日14日の米国株式市場はまちまち。ダウ平均は44.44ドル高の34933.23ドル、ナスダックは32.70ポイント安の14644.95で取引を終了した。6月生産者物価指数(PPI)が予想を上回ったものの、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の下院金融サービス委員会での証言を控え、金融緩和策を当面維持することが示唆されるとの憶測に寄り付き後、上昇。証言で、インフレリスクに対する時期尚早の対処を警告するなど、ハト派姿勢が確認され、ダウは終日堅調に推移した。ナスダック総合指数は小幅安だった。

 今日の東京株式市場は売りが先行した。国内に加え、アジアなどで新型コロナ感染が拡大しており、足元経済や日本企業の事業活動の足かせとなることが懸念材料となっていることに加え、外為市場で1ドル=109円90銭台と、昨日15時頃に比べ50銭ほど円高・ドル安に振れたことなどが株価の重しとなった。一方、米国の緩和的な金融政策が長期化するとの見方が強くなったことのほか、今後発表が増える国内企業の21年4-6月期決算への期待感も指摘され、株価下支え要因となったが、寄り付き段階では売りが優勢だった。なお、取引開始前に発表された対外及び対内証券売買契約などの状況(週間)によると、海外投資家は7月4-10日に国内株を5週連続で売り越した。売越額は105億円だった。今日は前場に、4-6月期の中国GDPなど、中国経済指標が数多く発表される。また、後場には、台湾TSMCが21年4-6月期決算を発表する。

 セクター別では、鉱業、ゴム製品、その他金融業、繊維製品、機械などが値下がり率上位、水産・農林業、倉庫運輸関連、食料品、建設業、パルプ・紙などが値上がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、任天堂
7974、ファナック6954、JR東海9022、レノバ9519、ルネサス6723、第一生命HD8750、リクルートHD6098、シマノ7309、ブリヂストン5108、三菱自7211、イビデン4062、マネックスG8698、第一三共4568などが下落。他方、日本電産6594、日本郵船9101、武田薬4502、富士フイルム4901、KDDI9433、花王4452、JT2914などが上昇している。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up