for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は174円安でスタート、三井住友や塩野義薬などが下落


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29324.47;-174.81TOPIX;2015.55;-10.14


[寄り付き概況]

 26日の日経平均は174.81円安の29324.47円と反落して取引を開始した。昨日の米株式市場は感謝祭の祝日で休場だった。欧州市場は、英FTSETM100が0.33%上昇、独DAX30が0.25%上昇、仏CAC40が0.48%上昇と総じて堅調だった。

 今日の東京株式市場は売りが先行した。昨日の米株式市場が休場で手掛かり材料に乏しかったが、欧米で新型コロナ感染が拡大しており、世界経済の足かせとなるとの懸念が継続したほか、このところ日経平均が30000円の大台に近づくと売りに押される展開となっていることから上値の重さを嫌気する向きもあり、株価の重しとなった。一方、昨日の欧州株式市場が堅調で東京市場の株価の支えとなった。また、政府が昨日まとめた11月の月例経済報告で、個人消費の基調判断を1年1カ月ぶりに上方修正したこともあり、引き続き消費活動の活性化が期待され、さらに、今晩は米国で年末商戦が本格化する「ブラックフライデー」を迎えることから米国の消費拡大に期待する向きもあり、株価下支え要因となったが、寄り付き段階では売りが優勢だった。なお、取引開始前に発表された11月の東京都区部消費者物価指数(CPI・中旬速報値)は、生鮮食品を除く総合指数が前年同月比0.3%上昇した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は同0.4%上昇だった。同じく取引開始前に発表された対外及び対内証券売買契約などの状況(週間)によると、海外投資家は14-20日に国内株を7週ぶりに売り越した。売越額は471億円だった。

 セクター別では、機械、卸売業、鉄鋼、証券商品先物、非鉄金属などが値下がり率上位、サービス業、精密機器が値上がりしている。東証1部の売買代金上位では、ソニーG
6758、三井住友8316、三井物産8031、塩野義薬4507、NTT9432、ファナック6954、デンソー6902、NEC6701、コマツ6301、レノバ9519、ダイフク6383、伊藤忠8001などが下落。他方、コスモス薬品3349、リクルートHD6098、イビデン4062、ANA9202、日本電産6594などが上昇している。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up