for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は390円安でスタート、トヨタ自や東エレクなどが下落


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27305.92;-390.16TOPIX;1938.03;-24.58


[寄り付き概況]

 2月14日の日経平均は前週末比390.16円安の27305.92円と大幅反落でスタート。11日の米国市場でダウ平均は503.53ドル安の34738.06ドル、ナスダックは394.49ポイント安の13791.15で取引を終了。数人の連邦準備制度理事会(FRB)高官が大幅な利上げを支持しない考えを示したため、寄り付き後、上昇。

 その後、発表された2月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を下回ったため景気回復懸念に下落に転じた。加えて、米国政府が早くて今週末にもロシアがウクライナ侵攻に踏み切る可能性を警告したため警戒感から売りが加速。終日軟調に推移した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比770円安の26930円。

 米株安の流れを受けて、本日の日経平均は売りが先行。27000円近辺では押し目狙いの買いが入りやすい反面、ウクライナ情勢の緊迫感も高まっており、積極的な上値追いの動きも取りにくく、寄り付き後に下げ幅を広げる展開に。

 売買代金上位では、トヨタ自
7203、ソニーグループ6758、東エレク8035、日本郵船9101、レーザーテック6920、ソフトバンクG9984、ブリヂストン5108など主力処は全般下落。業種別では、ゴム製品、精密機器、海運などが下落率上位で推移。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up