for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は311円高でスタート、ソニーグループやファーストリテなどが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27092.82;+311.14TOPIX;1905.42;+18.12


[寄り付き概況]

 5月30日の日経平均は前週末比311.14円高の27092.82円と大幅続伸でスタート。27日の米国市場でダウ平均は575.77ドル高の33212.96ドル、ナスダックは390.48ポイント高の12131.13で取引を終了。朝方発表された4月の個人消費支出(PCE)物価指数で物価上昇率の減速が示され、インフレ加速への懸念が後退した。

 連邦準備制度理事会(FRB)が物価の目安とするコア指数は前年比で4.9%の上昇と2カ月連続で伸びが鈍化。ソフトウエア銘柄の好決算や長期金利の低下もハイテク株のサポート材料となった。週末を控え利益確定の売りも出やすい中ではあったが、取引終盤にかけて上げ幅を拡大。シカゴ日経225先物清算値は大阪比330円高の27140円。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から本日の日経平均はギャップスタートに。

 30日の米国市場はメモリアルデーの祝日で休場となることから海外勢のフローは限られるものの、これまで上値を抑えられていた27000円を再び捉えてきたことで投資家のセンチメントはひとまず改善しそうだ。

 東証プライム市場の売買代金上位では、ソニーグループ
6758、キーエンス6861、ファーストリテ9983、三菱重7011、ルネサス6723、日本製鉄5401、ファナック6954などが上昇する反面、東京電力HD9501や東京海上8766などが下落。業種別では、機械、精密機器、鉄鋼などが上昇率上位で推移。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up