May 15, 2018 / 3:21 AM / 4 months ago

日経平均は4日ぶり小幅反落、節目の23000円前に目先の利益確定


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22862.79;-3.07TOPIX;1809.14;+3.22

[後場の投資戦略]

 日経平均は直近3営業日で450円超上昇しており、22500円水準通過後の上昇ピッチの速さから節目の23000円を前に目先の利益を確定する売りが出やすい。円相場はやや弱含んでいるとはいえ、こちらも節目の1ドル=110円を前に下げ渋っている。6月12日に予定される米朝首脳会談による緊張緩和への期待もおおむね織り込み済みとの見方があり、日経平均の23000円回復にはもう1つ材料が必要となりそうだ。とはいえ、企業業績の底堅さなどから下値の堅さも見られ、前日の不動産業、本日の銀行業のように出遅れ感のあるセクターには資金が向かいやすい。

 また、3月期の決算発表が終盤を迎えており、本日の取引時間中には鹿島1812、三井化学4183、エーザイ4523などが決算発表を予定している。指数の上値が重いだけに、決算を手掛かりとした個別物色が活発となりそうだ。また、決算を受けたレーティングや目標株価引き上げの動きも出始めている。本日で決算発表がおおむね一巡するが、レーティング引き上げなどをきっかけに好決算銘柄を買い直す動きも想定される。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below