June 15, 2018 / 3:28 AM / 4 days ago

日経平均は反発、自律反発狙いの買い先行も貿易摩擦懸念が重し


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22827.77;+89.16TOPIX;1788.49;+4.60

[後場の投資戦略]

 日経平均は前日に200円超下落していたため、為替の円安などを手掛かりとして自律反発に期待した買いが向かいやすかっただろう。しかし、内需・ディフェンシブセクターへの資金シフトが続いている点を見ると、主力の輸出株や景気敏感株の手掛けづらさがなお強く意識されていることが窺える。15日にも公表されるという対中制裁関税リストの内容を見極めたいとする思惑などもあって、後場の日経平均は上値の重い展開が続きそうだ。米金利の伸び悩みから円安進行に伴う株高シナリオも目先は描きづらいだろう。

 新興市場ではマザーズ指数が反発しているが、こちらも朝方の買いが一巡すると伸び悩んでいる。外部環境の不透明感から中小型株に注目が集まりそうな局面だが、相場全体の先高感が高まっていないことに加え、来週から新規上場企業が多数登場してくることも需給面で重しとなるだろう。値動きの軽い小型の材料株がより選好されやすくなると考えられる。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below