June 26, 2018 / 3:26 AM / 3 months ago

日経平均は3日続落、朝安後は戻り試すが手掛けづらさ残る


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22221.33;-116.82TOPIX;1720.13;-8.14

[後場の投資戦略]

 日本株は米通商政策の動向を睨みながら一進一退の展開となっている。対米投資制限の検討については前日に伝わっていたうえ、米高官から火消し発言が出たこともあり、本日の日経平均は朝安後に戻りを試す形となった。しかし、為替市場では米高官の発言が伝わる前の水準まで再び円高が進んでおり、後場の日経平均は戻り一服となる可能性がある。新たな対中政策の内容が明らかとなるまで、米中対立リスクが燻る銘柄は積極的に手掛けづらいだろう。内需・ディフェンシブ系銘柄への資金シフトが進むとみられる。

 また、今週は小売企業を中心に3-5月期決算が発表される。前日の決算発表企業では高島屋8233やあさひ3333が買われる一方、しまむら8227が急落するなど反応はまちまちとなっている。しかし、相場全体に手掛けづらさが広がるなか、決算を手掛かりとした小売株の物色が活発化しそうだ。なお、本日は日本オラクル4716が決算発表を予定している。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below