August 1, 2018 / 3:38 AM / 4 months ago

足元の市場は明るいがイベント多数で見極めムードも


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22674.32;+120.60TOPIX;1763.22;+9.93

[後場の投資戦略]

 前日の後場の取引では、日銀・金融政策決定会合の結果を受けて方向感に乏しい展開となった。ただ、海外投資家は大規模緩和が当面維持される見通しとなったことを好感した反応を見せ、国内投資家にとっても買い安心感につながっているようだ。また、任天堂7974やソニー6758といった個人投資家からの人気が高い主力株が決算を好感して買われていることも、センチメントの改善に寄与するだろう。

 とはいえ、まだ8月中旬にかけて多くの企業が決算発表を予定しているうえ、米国では1日に公開市場委員会(FOMC)結果発表、3日に7月雇用統計発表といった重要イベントが控え、日経平均が節目の23000円に迫る場面では上値追いの動きが鈍りそうだ。週明け9日には日米通商協議の初会合が開かれることになり、日本もいよいよ貿易戦争に突入する可能性がある。また、新興市場ではマザーズ指数が逆行安となっているが、任天堂やソニーが値を飛ばしているだけに中小型株には関心が向かいづらいだろう。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below