August 17, 2018 / 3:24 AM / a month ago

米株高受けて買い先行も上値追い材料には乏しい


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22309.65;+117.61TOPIX;1698.55;+11.40

[後場の投資戦略]

 前日に安値から300円以上の戻りを見せた日経平均は、米NYダウの大幅上昇を支援材料として反発した。しかし、寄り付き後は上値追いの動きが鈍く、上下の値幅も100円弱とややこう着感の強い展開となっている。日足チャートでは200日移動平均線が上値抵抗として意識されており、同線の位置する22400円に迫る場面では売りが出やすいだろう。週末要因に加え、円安が一服していることや上海総合指数が朝高後に伸び悩んでいることから買い手掛かりにも乏しい。後場は模様眺めムードが強まりそうだ。

 新興市場ではマザーズ指数が1.3%高で前場を折り返し、比較的強い動きを見せている。前日には一時932.07ptと2016年12月以来の安値水準を付けていたが、週末を前に売り方の買い戻しが入っているものと考えられる。また、新規高レーティングが観測されたヘリオス4593などのバイオ株が買われていることも指数の押し上げに寄与しているだろう。ジェネパ3195やイード6038はリリースを材料にストップ高を付けており、値動きの軽い小型材料株の物色は活発となっている。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below