October 25, 2018 / 3:38 AM / 21 days ago

米国株急落受け全面安商状、後場は下げ渋りか


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21472.88;-618.30TOPIX;1613.77;-38.30

[後場の投資戦略]

 日経平均は足元の急ピッチの下落を受けて、支持線として意識されてきたラインを次々と割り込む格好となっており、前日までキープしていた52週線水準も本日大きく下回った。消極的な見方では、下値メドとしては3月23日の終値ベースの年初来安値(20617.86円)までの調整も視野に入りつつあるだろう。とはいえ、2月のVIXショック後の下落局面でいったん2月中旬から3月初旬にかけて支持線として働いた心理的節目でもある21000円処が、目先は大方のレジスタンスラインとして意識されてこよう。

 足元の日本株の需給状況としては、先週半ばから225先物ではクレディ・スイス、TOPIX先物ではバークレイズが連日で大きく売り越している状況だ。クレディ・スイスはヘッジファンドなどの短期筋、バークレイズは欧州の年金など比較的長期目線の投資家の売買動向を示す側面を持つが、長期化するサウジアラビア問題やイタリア予算案、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る問題など厳しい外部環境のなかで、11月6日の米中間選挙を前にキャッシュポジションに戻す動きを指摘する声も市場では聞かれている。

 本日はキヤノン7751、サイバーエージェント4751、野村総合研究所4307、日立建機6305などの企業決算が控えており、本格化する国内の企業決算発表を見極めたいとするムードも強まりやすいだろう。とりわけ、個別では今期の想定為替レートを1ドル=100円に据えている日立建機の動向に注目が集まろう。相場全体の地合いとしては、中国株をはじめとしたアジア株が下げ幅を縮小していることを背景に、日経平均が後場も大きく売り込まれる可能性は後退しつつあるとみられる。(雲宮 祥士)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below