October 26, 2018 / 3:26 AM / 22 days ago

自律反発は半日持たず、物色は好業績中小型株に


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21221.50;-47.23TOPIX;1598.29;-2.63

[後場の投資戦略]

 NYダウの急反発を受けて日経平均は朝方こそ高かったものの、力なく失速して前場を折り返した。前日は800円を超える下落となったが、自律反発は半日も続かなかった格好だ。アジア株安が重しとなっているうえ、アマゾンやアルファベットの時間外取引での株価下落を受けて週末の米株安を織り込む動きもあるだろう。

 前日の決算発表企業ではキヤノン7751やサイバー4751のみならず、エムスリー2413、NRI4307などが大きく売られており、今後発表される決算への警戒感も高まりやすいと考えられる。コマツ6301やファナック6954、キーエンス6861の軟調ぶりは米中貿易摩擦などを背景とした世界経済の減速懸念が根強いことを映している。東証1部の上昇率上位にはアサヒHD5857やJBCC HD9889、日本トリム6788などがランクインしているが、物色の向かう先は外部環境の影響を受けにくいとみられる中小型の好決算銘柄に限られそうだ。なお、本日は信越化4063、日立6501、富士通6702などが決算発表を予定している。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below