November 1, 2018 / 3:31 AM / 15 days ago

海外イベント前に戻り売り圧力強く


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21749.78;-170.68TOPIX;1634.55;-11.57

[後場の投資戦略]

 日経平均は、直近の価格帯別売買高において商いの集中している22000-23000円のレンジを前に戻り売り圧力は非常に強く、この水準を明確に抜けてこないと目先はショートカバーの流れにも期待しにくいだろう。また、週末にかけて米国雇用統計をはじめとした海外における重要な経済指標発表や、今晩は米国のFAANG銘柄の一角であるアップルの決算も控えている。

 足元でフェイスブックは決算を受けて買われているものの、これまで発表されたアマゾンやアルファベットなど米国のグロース株の業績はまちまちである。こういった状況下からも同社(アップル)の決算に対する市場注目度も高まりやすいところだろう。

 これら相場イベントを前に、前日までの2営業日で800円近い急ピッチの上昇となった日経平均に対しては、いったん持ち高調整の動きが出やすくなるとみられる。前引け時点の東京市場では、マザーズ指数やジャスダック平均のほか、東証1部の中小型株指数は比較的底堅く、後場にかけて日経平均の上値が重くなるなかで短期的な値幅取りの動きが増える可能性も意識しておきたい。(雲宮 祥士)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below