November 16, 2018 / 3:21 AM / a month ago

アップル下げ止まりも欧米の不透明要因多く


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21690.91;-112.71TOPIX;1628.79;-10.18

[後場の投資戦略]

 米モルガン・スタンレーによる、「投資家はiPhoneの販売台数を気にしすぎだ」との指摘が伝わったことにより、米アップル株が6営業日ぶりに反発。東京市場でも朝方はTDK6762などの電子部品関連に買いが先行した。しかし、11-1月の売上高見通しが市場予想を大幅に下回ったエヌビディア、売上高・利益見通しともに市場予想を下回ったアプライドマテリアルズの2社による時間外取引での急落に東京市場は引きづられる格好となった。

 また、その他の海外市況では、英国における複数の閣僚辞任を受けて離脱協定案が議会で承認されることは難しくなったとの見方が広がるなか、与党・保守党の離脱推進派はメイ党首の不信任投票を求めており、英国政治の不確実性は一段と高まっている。欧米の動向を受けた、日本国内の金融市場への混乱波及を嫌気した売りも増えやすいなか、東京市場はオーバーウィークのポジションを取りにくい状況となろう。物色としては、内需・ディフェンシブ銘柄に対する消去法的な買いに留まりやすいなか、午後にかけて中国株の下落幅が拡大した場合は、日本株への週末の手仕舞い売りが一段とかさむ展開には注意しておきたいところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below