April 3, 2019 / 3:29 AM / 23 days ago

経済指標改善や米中合意期待が支え


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21669.78;+164.47TOPIX;1618.70;+7.01

[後場の投資戦略]

 中国メディアの財新などが3日発表した中国の3月非製造業購買担当者景気指数(PMI)も前月比3.3pt上昇し、米中で経済指標の改善が続いている。世界経済の減速懸念が一段と和らぎ、株式相場の支えとなっているようだ。米中通商協議で最終合意が近付いているとの観測報道も追い風だ。日経平均の日足チャートを見ると、前日は朝高後伸び悩み陰線を引いたが、25日移動平均線水準からリバウンドした格好となっている。アジア市場を見渡しても総じて底堅く推移している。

 後場の日経平均もこうした流れから堅調に推移することが見込まれる。しかし、今晩の米国では米中協議に加え民間雇用サービス会社ADPによる3月全米雇用リポートの発表が予定されており、このところのもち合いレンジ上限となっている21700円近辺では売りが出やすいだろう。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below