April 9, 2019 / 3:31 AM / 14 days ago

目先上げ一服で安川電決算など待つ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21722.19;-39.46TOPIX;1611.23;-8.91

[後場の投資戦略]

 日経平均は前日、寄り付きで200日移動平均線の位置する21900円台を回復すると伸び悩んだ。米国株もNYダウが半年ぶりの高値を付けてから利益確定の売りが出てきており、日米ともに目先の上げ一服感が意識されやすいところだろう。今月下旬から本格化する企業の決算発表を前に、今週10日発表の機械受注や11日発表の安川電6506決算が注目されている。日経平均への影響が大きいファーストリテも11日に決算発表を予定する。これらの内容を見極めたいとの思惑が上値の追いにくさにつながっているとも考えられる。東証1部売買代金は2兆円を割り込む日が続き、本日も前引け時点でおよそ9200億円にとどまる。長期投資家を含む幅広い層の買いが入っている印象は乏しい。

 一方、米中の景況感改善などを背景とした買いも続いており、本日はファナック6954などの設備投資関連株が堅調で日経平均を下支えする。ソニーなどの材料株や日金銭などのテーマ株が値を飛ばしているところを見ると、個人投資家の物色意欲もなお強いだろう。日経平均は5日移動平均線レベルで下げ渋り、ひとまず安川電の決算などを待つ格好となりそうだ。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below