April 18, 2019 / 3:29 AM / 3 months ago

海外休場控え利益確定の動き


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22172.73;-105.24TOPIX;1623.13;-7.55

[後場の投資戦略]

 米中貿易協議について、両国が協定交渉の着地点を探るなか、新たな会合の仮日程が設定され、交渉団は5月下旬もしくは6月上旬に署名式にこぎ着けたい考えを明らかにしたことが伝わっている。市場では、4月中の交渉決着を意識したリスクオンムードが広がりつつあっただけに、交渉先延ばしを受けていったんは失望する向きも出やすいだろう。しかし、日本の10連休や前述のイースター(復活祭)の海外市場における連休を前に波乱要因が1つ減るといった安心感にも繋がりやすく、前日に明らかになった中国1-3月期GDPの持ち直しも相まって、底堅さも同時に意識されるところである。

 物色動向としては、足元で外資系証券によるショートポジションが積み上がっていた安川電機6506などに対する買い戻しの動きに伴う上昇基調は確認されており、新興市場でも前日に開発中の再生細胞薬「SB623」の臨床試験の効果を発表したサンバイオ4592への市場反応も同様の動きを彷彿とさせる。前述のカレンダー事情もあり、相場全体としては4月中に積極的に上値を追う動きは目先は見込みにくいものの、ショートカバーを意識した商いなどは引き続き活発となろう。(雲宮 祥士)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below